会社の健康診断が3か月後に迫っていたので、本格的にダイエットしようと決意しました。

太ったままの体重が健康診断の記録として残るのが嫌で、前年と同じ体重にまで戻したかったからです。


地下鉄で通勤していましたが、健康診断までの3か月間は会社まで徒歩で通勤することにしました。

徒歩時間は片道45分。

忙しい朝や仕事で疲れた後に歩くのはとても辛かったですが、携帯の万歩計を見ると1日の歩いた歩数が出るのでとてもいいモチベーションになりました。

汗をかきやすくする為に、以前通っていたスポーツジムで購入したターボセルを着用して歩きました。

ターボセルを履くとかなり汗をかくのでダイエット時大変重宝しました。

それから今までは、1日1箱(袋)のチョコレートやお菓子を食べていたのですがダイエット期間中は間食を一切止めました。

その分、お菓子を食べたつもり貯金をしました。

1日100円位を貯金した結果3か月で3万弱貯まりました。

ダイエットしながら貯金も出来たのはよかったですし、お菓子にこんなにお金をかけていたのかと認識することが出来ました。


お菓子断ち以外、食事制限はほとんどしなかったのでストレスが貯まらなかったです。

3か月続けた結果、3キロ痩せることが出来ました。


健康診断が終わり体重も3キロ痩せたことで満足してしまい、徒歩通勤をやめてしまいました。

ターボセルもタンスの肥やしになり何もしないでいました。

お菓子もたまに食べるようになり、その結果1か月で敢え無くリバウンドしてしまいました。